0:0

短期間、低価格で治療できる部分矯正

短期間、低価格で治療できる部分矯正
全体矯正に比べ、歯の移動も短く、矯正する部分も少ないため、期間は1/3~1/2程度、費用も約1/4で治療できる点が最大の魅力。歯のねじれや、出っ歯といった前歯の悩みをはじめ、子供の頃に矯正したところが少し戻ってきた気がする…といったお悩みも解決できる場合が多い治療法です。当院では、痛みが出にくく審美性の高い矯正器具を採用しています。就職や結婚式などイベントに向けた治療をご希望の方もお気軽にご相談ください。

全体矯正と部分矯正の違いを比較すると…

全体矯正部分矯正
治療期間2年~約3ヶ月~6ヶ月
費用60万~15万~
痛み少ないほとんどない
抜歯の可能性あるない
歯を削る量少ない多い
適応症ほぼすべてに対応前歯周辺のみ

当院では痛みが少なく審美性の高い治療プランをご提案します

歯の移動時に痛みが少ないティップエッジを採用

歯の移動時に痛みが少ないティップエッジを採用
歯の傾きや動く方向を研究して開発された「ティップエッジブラケット(歯につける固定装置)」を採用しています。弱い力で効率よく歯が移動するため、痛みが少なく、短期間で治療が行えます。※当院では、全体矯正、部分矯正、どちらもティップエッジブラケットを採用しています。

目立ちにくいワイヤーとブラケットで治療中の審美ケアも充実

目立ちにくいワイヤーとブラケットで治療中の審美ケアも充実
一般的に金属のブラケット(固定器具)とワイヤーを使用することが多いですが、当院では、透明のブラケットやコーティングワイヤーなど審美的な矯正器具を使って治療をご提案します。治療中でも目立ちにくいので、矯正中の審美性を気にされる方に好評です。

治療中のクリーニング(歯周病、虫歯予防ケア)を徹底

治療中のクリーニング(歯周病、虫歯予防ケア)を徹底
全体矯正に比べると前歯周辺に限定される部分矯正のお手入れは簡単です。しかし矯正期間中は、歯周病や虫歯リスクが高まります。
ご自分で行っていただく食後のお手入れや、清掃グッズの使い方指導をはじめ、治療期間中の通院時には、歯のクリーニングも徹底しています。※毎月5,000円(税別)を管理料としていただくので、その中でケアを行います。

症例

お悩み「前歯の重なりが強くなってきた」
44歳 女性 治療費 15万円

治療後:舌への刺激が軽減し、歯ブラシなど清掃性が向上しました。
部分矯正のリスク:リテーナーを付けてないと後戻りします。
そのほか:矯正前に歯周病や虫歯など保険診療内でチェックを行います。

治療前
治療前
治療前

治療後
治療後
治療後

治療の流れ

1.予約・カウンセリング

当院は予約制です。事前にご予約をお願いします。
矯正をする上で様々な悩みがあると思います。まず始めにどのような悩みがあるのかをお聞きします。治療に関するご希望をはじめ、不安や疑問もお気軽にお聞かせください。そして、虫歯の状態や歯周病の状態など基本的な歯の状態を確認させていただきます。

2.診断・治療プランご提案

検査結果を元に、治療方針や治療に使用する装置、矯正期間、治療費など具体的な内容のご提案・ご説明を行います。

3.矯正治療開始

矯正に使用する装置を装着します。必要に応じて、虫歯治療、矯正中のブラッシング指導や、虫歯予防に要な処置を行います。

4.通院治療期間

月に1回程度、定期的に治療に通っていただきます。部分矯正の場合、症状によって3ヶ月、6ヶ月が目安になります。※治療期間には個人差があります。

5.保定期間

治療後は歯並びを安定させておくために、保定装置(リテーナー)を使用します。

短期間で治療をしたい!
あなたのゴールに合わせて治療プランをご用意しています

お口の状況によって、どこまで歯並びを整えるか、また一番気になっているところだけ解決したい、などご希望はおひとりづつ異なります。まずは、どこをゴールにするかきちんと相談し、治療プランをご提案します。症状によっては部分矯正よりももっと短期間、最短1時間でお悩みを解決できる場合もあります。
例えば「歯のすき間が気になる」場合。歯のすき間を埋めることで、見た目の歯並びを整えることができます。ダイレクトボンディングは、欠けたり割れたりした歯の治療や、歯のすき間を埋めたりする治療法です。最短1時間で治療を終えることができます。

部分矯正に関するよくある質問

Q前歯の部分矯正を検討中です。前歯の横の歯(犬歯)が差し歯なのですが、矯正はできますか?
A差し歯だからできないということはありません。ただし、最終的に形などの問題で作り直すことが必要になることはあります。
Q部分矯正中に、やってはいけないこと(ガムを噛んではいけないなど)は、ありますか?
A粘着性のあるものは、装置にくっついてしまう可能性があるので、避けていただく方がいいです。また、間食が多いと虫歯になるリスクが高まるので避けていただきたいです。
Q部分矯正をするときに、歯を削ることがあると聞きました。削ると歯がしみるようになることはありますか?しみるようになったら一生治りませんか?
A歯を削るとしても痛みのでない範囲でしか削りません。またしみる症状が出ても知覚過敏の処置を施すことで治ることがほとんどです。
Qできるだけ歯を抜かずに矯正したいのですが、抜いた場合と抜かない場合で、時間やお金は変わってきますか?
A抜歯をする際の費用はかかります。矯正の費用が変わることはないです。時間に関しては、一概に言えません。抜歯をするかしないかは、治療前にメリットデメリットについてしっかり話し合います。お気軽にご相談ください。
Q部分矯正とホワイトニングを希望しています。どの順番でするのがいいですか?
A部分矯正終了後、後戻りを防ぐために保定装置を使います。その際、同時にホワイトニングをしていただければと思います。マウスピース矯正をされる際は、同時に行うことができます。
Q治療期間中に、矯正器具が取れたり外れたりすることはありますか?
Aワイヤーのタイプで行う際は、外れることが可能性としてはあります。
Q3ヵ月後に結婚式があります。もし間に合わなかった場合、一時的に外すことはできますか?その場合は、矯正期間はどれくらい延びますか?追加料金はかかりますか?
Aあらかじめおっしゃっていただいてれば、そのように計画をさせていただきます。
治療前に矯正期間についてもご説明させていただきます。
Q前歯の近くにインプラントがあります。部分矯正はできますか?
Aインプラントの場所にもよります。一度レントゲンなどを撮って詳しく見させていただく必要があります。
Q治療後の保定期間中は、1日どれくらいつけておく必要がありますか?
A3ヶ月間は1日中使用していただき、その後は夜のみ使用していただきます。もし着脱式がご面倒な場合は、固定式もあります。治療前にご説明させていただきます。
Q支払いにクレジットカードは使えますか?
A申し訳ありません。当院では使用できません。
Q矯正費用は分割払いはできますか?
Aそれは可能です。最初に治療費の半額はいただきますが、残りの部分に関しては、ご相談になります。またデンタルローンをご利用いただければ月々抑えた形での支払いも可能です。