0:0

歯周病予防と治療、そして再発防止への取り組み

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にある細菌によって歯肉に炎症を起こし、最終的には歯を支える骨を溶かしていく病気。歯槽膿漏や歯肉炎も、歯周病の一種です。
日本生活習慣病予防協会の調べでは、歯周病の有病率が20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割(2017.12時点)と非常に高いです。
初期は、赤くなったり腫れたりしますが、ほとんど痛みを感じません。症状が進行すると、歯と歯肉の間の境目(歯周ポケット)が深くなり、口臭が発生します。さらに進行すると歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、痛みや強い口臭が発生します。歯周病が歯槽骨まで到達すると、最後は抜歯、または歯が抜けてしまいます。また歯周病になると心臓疾患・脳血管疾患リスクが高まり、腫れた歯肉から歯周病菌が血管内に侵入し、菌の持つ内毒素によって糖尿病の症状が悪化(合併症)します。反対に歯周病治療を行うことで糖尿病も改善することもわかってきました。さらに、低体重児出産や早産への影響も注目されています。
出典:日本臨床歯周学会歯科では歯周病の予防と治療だけでなく、生活習慣や食事の見直しを含め、定期検診や安定期治療を継続することで歯周病の再発防止に取り組んでいます。

歯周病をまとめると…

歯垢(プラーク)の中にある細菌が原因
歯肉炎症(歯ぐきの腫れ・出血)が起きる
口臭が強くなる
炎症による歯ぐきの痛み
細菌が歯の土台(歯槽骨)を溶かしていく
歯がグラグラする(歯の動揺)
最後には歯が抜けてしまう
歯周病菌が原因で全身疾患リスクが高まる
歯周病菌治療で糖尿病の改善が期待される
歯周病かも?セルフチェック

□ 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
□ ブラッシング時に出血する。
□ 口臭が気になる。
□ 歯肉がむずがゆい、痛い。
□ 歯肉が赤く腫れている。
(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
□ かたい物が噛みにくい。
□ 歯が長くなったような気がする。
□ 前歯が出っ歯になったり、
歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
出典:日本臨床歯周病学会3つ当てはまると要注意。6つ当てはまると歯周病が進行している可能性あり。すべて当てはまると歯周病症状がかなり進んでいます。

細菌の炎症以外に歯周病を進行させる原因

歯ぎしり、食いしばり、噛みしめ
歯に合っていない補綴物(詰め物・被せ物)
不規則な食習慣
喫煙
ストレス
全身疾患(糖尿病・骨粗鬆症・ホルモン異常)
薬の長期服用
遺伝
家族間感染
肥満

歯周病との関連性がある疾患

お口の中の細菌が誤嚥や歯周病によって血液を経由し、全身に流れ疾患を引き起こします。

狭心症
心筋梗塞
心内膜炎
脳梗塞
糖尿病
動脈硬化
低体重時出産
早産
誤嚥性肺炎
骨粗鬆症
関節炎
腎炎
メタボリックシンドローム

出典:日本臨床歯周病学会「歯周病が全身に及ぼす影響」

当院で行う歯周病治療

予防治療で行う口腔内の検査と組み合わせて、以下の治療を進めます。

プラークコントロール

お口の中の細菌の活動性や量の確認。軽度~中度であれば除菌やレーザー治療で患部の治癒を目指します。リアルタイムPCR法を使い、歯周病菌のDNA検査も可能です。

進行にあわせた処置

歯肉炎の初期段階から、深い歯周ポケットができた中度の歯周病治療にも効果的なレーザー治療による殺菌のほかに、歯茎切開、溶けた骨の再生治療、必要な場合は抜歯を行います。

ホームケア

歯科医院での治療と同時に、自宅で続けられる3DSや除菌水、サプリメントなどの口腔ケアをご提案します。

再発防止・安定期治療

定期健診と、生活習慣指導で再発防止をサポート。重度の方は安定期治療で長期的にサポートを行います。

治療の流れ

1.予防治療のご予約

当院は予約制です。当日、できるだけ患者様をお待たせしないために、事前にお電話か、ネット予約をお願いしています。初診・再診いずれの場合も、保険証をご持参ください。
※再診の場合でも、月が変わると保険証の提示が必要になります。

2.歯周病検査

お口の中を拝見し、歯ぐきの出血、歯周病ポケットの深さ、歯の動揺※を調べます。※歯がグラグラする状態を動揺といいます。健康な歯でもわずかな動揺が見られます。

3.口腔内写真・レントゲン撮影

口腔内を診察し虫歯の有無や、歯ぐきが腫れているなどの症状を確認します。レントゲン撮影で、歯茎の中の骨(歯槽骨)の状態を調べます。

4.カウンセリング・治療

予防治療にて歯周病と診断された場合、検査内容を元にプランをご提案します。

5.定期検診・安定期治療(SPT)

治療後は、定期的にメンテナンスに来ていただきます。歯周病は再発率が高い病気でもあるので、前と変わらない生活では、すぐに再発する恐れがあるからです。定期検診以外にも、自分の生活を見直すことも大切です。中~重度の歯周病の治療を行った方は、現状維持、歯の健康推進を目的とした安定期治療(初期は1ヶ月に1回、基本は3ヶ月に1回、症状に応じて6ヶ月に1回の来院が目安)を行います。

予防治療・歯周病治療の設備・環境

除菌水・POICウォーター

当院は、歯科治療水安全認定施設です。高い殺菌力を持つエピオスエコシステム導入。診療室内すべての水、うがい用も含め細菌、ウイルスを除去を徹底しています。プラーク(たんぱく質汚れ)を分解して、プラークの下に潜む虫歯菌や歯周病菌の除菌効果のあるPOICウォーターでのホームケアも推奨しています。

位相差顕微鏡

虫歯や歯周病の原因となるお口の中の細菌の種類や量を観察できる顕微鏡です。お口の中の細菌は人によって種類も量も変わってきます。患者様にあった除菌方法で効率よく治療を行うために使用します。治療の経過を見るのにも役立ちます。

ストリークレーザー

歯の治療時の不快感…振動や音、痛みなどのストレスを最小限にとどめる【MI=最小侵襲】を目的として開発された医療用レーザー。照射部位にあわせた熱エネルギーで、虫歯や歯周病、歯の強化、殺菌効果を行います。レーザー照射部を的確に冷却するので痛みを抑制します。

リアルタイムPCR

今までは、プローブ(器具)で歯周ポケットの深さを計測したり、位相差顕微鏡で菌の活動性や形を確認して判定していた歯周病。リアルタイムPCRでは、顕微鏡では確認できない歯周病の原因菌(悪玉菌)のDNA診断(3種類・5種類)を行うことができる検査方法です。

歯周病は治る!?


↑治療にはレーザー治療が一番効果的

現在、歯周病は予防、治療ができます。とくに歯周病の予備軍(たまに歯ぐきからの出血、腫れが見られる、歯周ポケットは軽度)の場合、早期の治療で進行を阻止し、健康を取り戻すことも夢ではありません。しかし、歯周病治療において予防、診断、治療、メンテナンスが非常に重要です。その理由として歯周病には、痛みや腫れがといった自覚症状がある時期と、自覚症状なく歯周病が進行して行く時期が交互に訪れて進行していく特性があります。治療を終え放置してしまえば、次に痛みが出たときには、以前よりも進行している可能性が高いといえます。
そのため当院では、軽度の方には、定期検診やPMTCなど専門的なクリーニングで歯の健康を維持するお手伝いをします。また来院された時点で、中~重度歯周病と診断された場合、治癒した後も安定期治療(SPT)を行っています。安定期治療とは、定期的に歯周病の目安となる歯周ポケットの深さが増していないか、出血があるかないかを観察し、症状に応じた治療を継続していくことを指します。例えば治療後、出血が少ないということは炎症が少なくなっている証拠。改善されている状態をできるだけ長く維持するために、除菌やレーザー治療を継続しお口の健康を見守ります。