歯の神経を取り除くと、歯は弱くなってしまうのでしょうか|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯の神経を取り除くと、歯は弱くなってしまうのでしょうか

こんにちは、西宮市門戸厄神にあります広川歯科医院です。

ひどい虫歯などが原因で歯の神経まで炎症が起きた場合、歯の神経を取り除く処置を行います。

歯の神経を取り除くと激しい痛みは治まり、歯も残すことができますが、神経を取り除いた歯は脆く弱くなると言われています。
その理由は一体なんでしょうか?

 

歯の神経を取り除く「抜髄」とは

まず歯の構造についてご説明いたします。
歯の表面は固いエナメル質で覆われており、その内部には柔らかい象牙質、そして神経や血管が通っている「歯髄(しずい)」という組織から成り立っています。

神経は痛みなどを感じる器官であるため、虫歯菌などによって炎症が神経まで達すると、非常に激しい痛みに襲われる事が多いです。
このような状態の場合、神経が通っている歯髄を取り除く治療を行う必要があります。

 

抜髄を行うと、歯はどのような状態になるのでしょうか

抜髄を行い、根の中をきれいにする根管治療を行った歯は、被せ物を装着することで歯の形態を取り戻します。抜歯を回避し、歯を残すことができたことは、お口の健康を維持しやすくなります。

しかし一方で、抜髄を行った歯、つまり神経がなくなった歯にはリスクを伴います。そのリスクとはどのようなことでしょうか。

 

・歯に栄養が行き届かなくなり、歯が脆くなる

・歯の根が割れる恐れがある

・痛みを感じないため、二次的な虫歯になっても気づきにくい

・歯がグレーっぽく変色してしまう

 

このように、抜髄を行うことは歯を残すメリットがある反面、歯を失ってしまうリスクを伴う治療でもあるのです。
神経を取った歯は栄養が行き届かなくなるため歯質が脆くなり、噛んだ際に歯の根が折れる
歯根破折を起こす可能性もあります。

 

 

神経を取り除くことがないよう、定期健診をしっかりと受けておきましょう

歯の神経を取り除くことは、結果的に歯を失うことに繋がってしまいます。虫歯は予防することができます。
毎日のケアとともに、是非定期健診を受けていただくことをお勧めします。

こちらは当院で根管治療(歯の神経の処置)の際に使用する器具の一部です。
お一人ずつ治療ごとに滅菌していますので安心して治療を受けて頂けます。

 

当院の神経保存療法についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報