根管治療に欠かせないラバーダムについて|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

根管治療に欠かせないラバーダムについて

歯の神経まで進行してしまった虫歯や歯が折れて神経が露出し、そこから細菌が入り込んで炎症を起こしてしまった場合、神経や血管が入っている「歯髄」という部分の治療を行う必要があります。この神経の治療を専門用語で「根管治療」と呼び、ほぼ毎日のように全国の歯科医院で行われている治療です。

しかし、この根管治療後は再発しやすいことが特徴です。痛みや違和感、被せ物が取れたなどといった症状が起こり、再治療が必要になるケースが少なくありません。根管治療を行うだけではなく、再発を防ぐためには治療技術とともに「あるもの」が欠かせないのです。その「あるもの」というのが「ラバーダム」です。

 

ラバーダムとは?

ラバーダムという言葉を聞いたことはありますか?もしかすると、知らない方のほうが多いかもしれません。ラバーダムとは、根管治療を行う際に使う、防湿シートのことです。治療を行う歯だけを露出させ、他の歯をラバーダムシートで覆うことで唾液や水、細菌が入り込むことを防ぐ役目を持っています。根管治療を成功させるためには、このラバーダムが欠かせないのです。

 

なぜラバーダムが欠かせないのか?

根管治療とは、根の中に広がった細菌を除去し、根の中がきれいになるまで洗浄・消毒を繰り返す治療です。お口の中は虫歯菌だけでなく、非常に多くの細菌が棲みついています。根管治療は細菌を除去するための治療です。

ところが治療中に根管内部に細菌を含んだ唾液が入り込んでしまうと、細菌が入り込んでしまう可能性が高くなります。再治療を伴う根管治療の成功率の低さは、この細菌が入り込むことが原因のひとつです。細菌が入り込んだまま根管充填(根の中に最終的な薬を詰めて密閉する治療)に移ることで、入り込んだ細菌が徐々に広がり、数年後、早ければ数ヵ月後に症状となって現れてしまうのです。

冒頭でも書いたとおり、根管治療は全国のほとんどの歯科医院で毎日行われている治療です。しかし残念なことに、根管治療を行う全ての歯科医院でラバーダムが使われるわけではありません。ラバーダムは保険適用外のため、ラバーダムを使わない歯科医院がほとんどなのです。

しかし中には保険診療内でラバーダムを使っている歯科医院もあると言われています。ラバーダムを使用するのとしないのとでは、再発率に大きく差が出てしまいます。そして再治療を繰り返すたびに、あなたの大切な歯が失われる状況が近づいてくるのです。歯の神経は除去してしまうと歯が脆くなり、寿命が短くなってしまうことを理解しておきましょう。

 

いつまでたっても根の治療が終わらない、痛みが続く、再発してしまったという方は、ラバーダムをはじめとした根管治療に必要な設備を整えており、根管治療に力を入れている歯科医院を受診することも考えてみてはどうでしょうか。

 

当院の神経保存療法についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報