お子さんの歯を守ってあげましょう。定期検診のすすめ|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

お子さんの歯を守ってあげましょう。定期検診のすすめ

 

乳歯はいずれ生え変わるからといって、お子さんの歯のケアにそれほど力を入れていないことは、あまり感心すべきことではありません。確かに乳歯の期間は短く、やがてその役目を終えますが、乳歯のケアを怠ってしまうと、後に生えてくる永久歯にも影響してしまうことがあります。今回は、永久歯も含めたお子さんの歯のケアと定期検診の必要性について考えてみましょう。

 

子どもの歯は虫歯になりやすい

乳歯や、生えたばかりの永久歯は成人の歯と比べてエナメル質が非常に薄く、歯質も弱いため、虫歯になりやすいという特長があります。お口の中に虫歯菌が存在し、砂糖をたくさん含んだおやつやジュースなどをだらだらと与えていると、酸に弱いお子さんの歯はすぐに虫歯になってしまいます。

子どもは痛みを感じるまで虫歯になっていると気づかないため、お子さんが「歯が痛い」と泣き始めた頃には歯は既に真っ黒になっているケースが大半です。

また保護者の方による仕上げ磨きの有無も、お子さんの歯の健康に大きく影響します。嫌がるから、といった理由で仕上げ磨きを怠ると、歯の表面が酸で溶ける脱灰となってしまいます。脱灰は虫歯予備軍のようなもので、きちんとケアをしないとあっという間に虫歯に進行してしまいます。

このように、乳歯や生えたばかりの永久歯は非常にデリケートなのです。

 

規則正しい食生活と仕上げ磨き、そして定期検診がお子さんの歯の健康を守ります

 

乳歯は抜けるから虫歯になっても大丈夫でしょう、という考えは、大間違いです。乳歯がひどい虫歯になると、のちに生えてくる永久歯も虫歯リスクが高くなってしまいます。と言うのも、乳歯を失うほどの虫歯菌が、お子さんのお口の中に存在しているkらです。

虫歯菌は、いちどお口の中に入り込んでしまうと、ほぼ一生涯棲み続けてしまいます。生涯で虫歯にならない人はそう多くありませんが、小さな頃から虫歯対策を行っていると、成人後の虫歯リスクを抑制することが可能となります。

そのためにも、乳歯の時代からきちんとケアを行い、永久歯に生え変わっても引き続き歯の健康を守ってあげるのが、親御さんの務めでもあると言えるでしょう。

そのためには、おやつをだらだらと与え続けないこと、仕上げ磨きを必ず行うこと、そして歯科医院で定期検診を受診することが大切です。

歯科医院での定期検診は、大人だけのものではありません。お子さんの歯が生えてくれば、定期検診を受診することは可能です。歯科医院により異なりますが、お子さんの定期検診では次のようなことが行われます。

 

・虫歯や歯肉炎の有無

・永久歯が正しく生えてきているかどうかのチェック

・出っ歯や受け口になっていないかどうかの噛み合わせのチェック

・歯磨き指導

・フッ素塗布

 

特にフッ素を塗ることは、脱灰状態の歯の自然治癒を促し、歯質を強化して虫歯になりにくい歯を作り出します。定期的にフッ素塗布を行うことでその効果は高まることでしょう。

 

お子さんの健康を守ることは、親御さんの子育てにとって欠かせないものです。体の健康を守るとともに、歯の健康に気を使い、虫歯のない生活を送らせてあげて下さい。

 

当院のお子さんの歯のケアに関する内容についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報