マイクロスコープを使うことでどんなメリットがある?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

マイクロスコープを使うことでどんなメリットがある?

神経まで達した虫歯の場合、根の中の細菌を取り除く「根管治療」が行われます。根管治療は少しでも細菌が残ると再発する可能性が高くなる治療とも言われています。根管治療の成功には精密な治療が必要ですが、その中で注目すべきなのがマイクロスコープを使った治療です。ではマイクロスコープを使うことで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

 

根の構造は人によって様々

歯の構造を簡単に説明すると、歯の表面は固いエナメル質、その内部は柔らかい象牙質、そして象牙質の内部に神経や血管が通る歯髄(しずい)から作られています。虫歯、あるいは歯を折ってしまった際に神経が露出して細菌感染が認められる場合、神経を取り除いて根の治療を行います。これを専門用語で根管治療といい、歯科治療の中で最もよく行われる治療です。

根の治療とは、根の中に広がった細菌を、ファイルと呼ばれる細い器具で取り除き、根の中をきれいにする治療です。この根ですが、人によって構造が違い、根の先が曲がっている人や細く枝分かれしている人など、形状は様々です。

暗く狭い根の中をキレイにする作業は非常に困難です。歯科医師はこの作業を、勘と感覚、そして培ったキャリアで行っていきますが、根の形状が複雑な場合などは、勘や感覚だけでは非常に難しいのです。見えない根の中を、感覚だけできれいにしていくのには限界があり、完全に取り切ること歯難しいのです。

根の中に少しでも細菌が残っていると、数年後にまた根の中で細菌感染が広がり、再治療が必要となってしまいます。

 

狭い根の中を目で確認しながら治療ができるマイクロスコープ

根の治療で欠かせないもののひとつとして、マイクロスコープが挙げられます。マイクロスコープは歯科用拡大顕微鏡のことで、患部を拡大することでより確実そして精密な治療を行うことができます。特に根管治療は精密な治療を必要としており、少しの細菌の取り残しも許されません。マイクロスコープを使うことで、暗く狭い根の中の様子を確認しながら治療を進めていくため、精度の高い治療を受けることができます。

マイクロスコープを使った治療は根の治療だけではありません。肉眼では見えにくい歯のヒビや歯と歯の間のごく小さな虫歯の発見、そして歯ぐきをきれいに仕上げる審美的な治療にもその効果を発揮します。

このようにマイクロスコープは歯科治療に欠かせないアイテムと言えるでしょう。数々の症例に対し高い効果を発揮するマイクロスコープですが、やはり根の治療には必要不可欠です。精密な治療を必要とする根の治療の成功のカギを握るマイクロスコープですが、どこの歯科医院でも導入しているとは限りません。

当院ではマイクロスコープを導入し、またCTも完備しておりますので、安心して治療を受けていただければと思います。

 

当院の神経保存療法についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報