その体の不調、もしかして金属アレルギーが原因かもしれません|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

その体の不調、もしかして金属アレルギーが原因かもしれません

頭が痛い、肩凝りがする、気力がない・・・病院で診てもらってもこれといった原因が見つからない場合、その原因はもしかするとお口の中の銀歯が原因かもしれません。お口の中の銀歯は、金属素材で作られています。このお口の中にある金属が、体の不調を引き起こすことがあるのです。

・歯科素材における金属アレルギーとは

一般的に金属アレルギーとは、ネックレスや指輪などを身につけたときに皮膚に起こる痒みや赤みのことを言います。いっぽう、歯科素材による金属アレルギーは、口内炎などお口の中のトラブルやアトピー性皮膚炎のような湿疹や皮膚のかぶれといった皮膚の症状に加え、頭痛や肩凝り、倦怠感など全身の不快症状が起こります。

病院で診てもらってもこれといった原因がないにも関わらず、このような症状が起こる場合、歯科素材における金属アレルギーが疑われます。

歯科治療で使われる金属とは、主に金銀パラジウム合金です。保険適用の補綴物として金銀パラジウム合金は、国内で最も多く使用されている金属です。

その他メタルコアと呼ばれる銀合金の土台、そして今はほとんど使われていませんが、アマルガムという水銀の成分が含まれる歯科素材が挙げられます。

お口の中にこのような金属の詰め物や被せ物があると、唾液で溶け出した金属がイオン化し、体内に取り込まれて体の中のたんぱく質と結合します。このたんぱく質との結合物が体内の異物とみなされることでアレルギー反応が起こると言われています。

お口の中の金属素材が金属アレルギーの原因になるとは結びつかないかもしれません。しかし原因不明の不快症状の原因となった金属を取り除くことで症状が改善されるケースはそれほどめずらしいことではないのです。

金属を使わない素材に変える

金属アレルギーを起こさないためには、原因となっているお口の中の金属を取り除き、全く金属を使わないメタルフリー治療を行う必要があります。特にアマルガムは水銀を含んだ素材のため、除去する際に水銀を吸い込まないようにしなければいけません。

金属を取り除いた後、白いレジンや自費治療のセラミックなどを使った被せ物に変えることで、症状が劇的に改善することがあるようです。土台も金属のメタルコアではなく、レジンコアやファイバーコアに変えることで金属アレルギーのリスクはぐっと減ります。

不快な症状があるときは、歯科医院で診てもらうようにしましょう

金属アレルギーと全身の不快感についてお話をしました。患者さんは、お口の中の金属が溶け出した成分が体の中に入り込むことで、体に不快症状を与えるなんて想像もできないと思います。

なんとなく調子が悪い方、銀歯が気になる方はいちどお口の中に銀歯がないかどうか、かかりつけに確認してもらいましょう。

 

当院のメタルフリー治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報