よく見かける「PMTC」って何?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

よく見かける「PMTC」って何?

歯科の用語に興味はお持ちでいらっしゃいますでしょうか?

 

今ではネットやSNSで手軽に情報を得ることができますが、そこで時折見かける文字に、「これは一体何のこと?」と思うことはありませんか。

さて、PMTCという文字をご覧になった事はありますか?

 

「PMTC」って何の略?

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」のことで、「歯科衛生士などの歯科従事者が専用の器具を使って行う歯の表面の清掃」を意味します。

それぞれの頭文字を取ってPMTCと表記しています。歯の表面に付着している汚れやプラークを、専用のブラシやカップを使ってきれいに磨く施術の事です。

 

 

 

「PMTC」と「歯石除去」は違うの?

PMTCはご説明の際に「歯のそうじ」「歯のクリーニング」などと言います。

皆さまが「次はPMTCで来てくださいね」と言われても、意味がわからないですよね。

そのため多くの歯科医院ではわかりやすいように「歯のクリーニング」などとお伝えしています。

 

そうなると「歯のそうじって、歯石を取ること?」と思う方もいらっしゃると思います。

 

歯石はプラークが石灰化して歯に付着した軽石のようなものです。歯石になる前のプラークは、歯の汚れに細菌が付着した白っぽい色をした柔らかい汚れで、虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊です。PMTCと歯石では、それぞれ取り除き方が違います。

PMTCはプラークを落とすとともに、日常の飲食で付着した着色も落として、歯本来の色を取り戻します。

 

 当院でのPMTCの器具

 

当院では感染予防の為、左の2点の器具はお一人ずつディスポの物を使用しています。

また右の器具は拭きとりの消毒ではなく、使用の度に滅菌しています。

安心して施術をお受け下さい。

 

 

いっぽう硬い歯石を取り除くのは、超音波スケーラーという器械です。

(ケースによっては1本ずつ手作業で歯石をとる事も行います。)

歯科では「スケーリング」や「歯石除去」と言われています。

細いチップを付けた器具を、超音波によって細かく砕いて取り除きます。

 

歯の表面の清掃ではありません。

ここが両者の大きな違いです。

 

なお歯のクリーニングとホワイトニングは基本的なメカニズムが全く異なります。仕上がりも、クリーニングは歯本来の色を蘇らせ、ホワイトニングは自分の歯の色よりも白く仕上げることを目的としています。

 

歯の健康を維持し、歯の色を蘇らせるPMTCは予防治療に欠かせない

PMTCは主に歯科衛生士によって行われます。歯の治療を行うのは歯科医師であり、歯の健康を維持するのは歯科衛生士です。

歯の健康を維持するためにはPMTCは欠かせません。プラークは歯と歯ぐきの健康のトラブルを引き起こす最大の敵です。

 

是非歯科医院で定期的に予防治療や定期検診を受け、歯の健康と清潔感を維持するようにしましょう。

 

 

当院の予防治療についてはこちら