根の治療は必ず最後まで治療を!|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

根の治療は必ず最後まで治療を!

「むし歯が大きくて神経とった」とお耳にしたことはありませんか・

何とか神経を残そう、、、なんてお聞きになる機会があったかもしれません。

 

進行により神経まで達した虫歯の場合、根の治療を行います。

根の治療は時間がかかりますが、歯を残すために大変重要な治療でもあります。

今回は、根の治療の重要性についてお話をしたいと思います。

根の治療とは

「根の治療」とは、歯の内部にある「歯髄(しずい)」という部分に炎症が起こった際に行われる治療で、多くの歯科治療の中でも特によく行われる治療です。

 

進行した虫歯や被せ物の下で虫歯になっている場合、あるいはアクシデントで歯を折ってしまった際に歯髄が露出してしまい、細菌感染が見られる場合(本来歯髄の中は無菌であるといわれています)などは、炎症や細菌感染を抑えるために根の治療を行います。

根の治療を行うことにより抜歯を回避し、歯を残すことを目的としています。

最も多いのはやはり虫歯で、ズキズキと激しい痛みを伴い、痛み止めが手放せない状態になると、歯髄にまで炎症が起こっていると考えられます。麻酔を行い、歯髄を取り除く「抜髄」という治療を行うことで激しい痛みから解放されます。

細菌感染した管は消毒、洗浄を繰り返す「根管治療」を行います。

根管治療は根の中がすっかりきれいになるまで続けます。根の中の状態が良くなったことを確認後、根の中に最終的な薬を詰める「根管充填」を行って、根の治療は終わります。

 

根の治療を止めてしまうとどうなる?

 

・細菌が入り込んで痛みや違和感が続く

根の治療の途中は、仮のフタで詰めてあり、内部が空洞の状態です。途中で止めてしまうと細菌が入り込んで炎症が起こり、せっかくきれいになった根管内が細菌で汚染され、いつまでも治りません。

 

・歯質が薄くなっているので歯が割れやすい

根の治療では歯をたくさん削る必要があります。根管治療途中の歯は強度が弱く、固いものを噛んだりすると歯が割れてしまう恐れがあります。

・膿が溜まって悪臭がする

根管内部で細菌が溜まると悪臭が漂い、口臭の原因となります。

 

根の治療は必ず最後まで行いましょう

 

根の治療は、歯を残すための大切な治療です。

痛みが落ち着いても絶対に途中で勝手に中断せず、きちんと治療を終えるようにして下さいね。

 

当院の神経保存療法についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報