歯石をとる治療|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯石をとる治療

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

歯科の二大疾患の一つで進行により歯を失う歯周病は、定期的に歯石除去を行うことで予防が可能です。

歯石除去はなぜ必要なのでしょうか。

歯石とは、プラーク(歯垢)が石灰化したもので、軽石のように固く、歯に付着したものを言います。歯石がたくさん溜まっていると、その上に新たなプラークが溜まりやすくなり、プラークに潜む歯周病菌が出す毒素によって、歯肉に炎症が起きて歯肉炎になってしまいます。
炎症をそのままにしておくと、やがて歯周炎に進行し、炎症が歯槽骨まで広がって、歯を支えることが難しくなってしまいます。

歯周病によって歯を失わないためにも、定期的な歯石除去が最も基本的な治療法および予防となるのです。

 

 

歯石除去を行わないとどうなるのでしょうか

定期的に歯石を取り除くことで、歯周病の進行をある程度予防することが可能なため、ご自身の歯を長持ちさせることができます。

ところが、歯石除去を行わずに歯周病を放置していると、やがて歯周病菌が歯を支える歯槽骨を吸収し、歯がぐらぐらになってしまうため、最終的に自然脱落するか、抜歯となってしまいます。
そして、残念ながら失った歯の根のあたりを見ると、黒い歯石が付着しているのが見て取れます。

 

歯周病から歯と歯ぐきを守るためにも、定期的な歯石除去を受けましょう

歯の健康維持のためには定期的な検診とそれに付随した予防治療が欠かせません。き
ちんと定期健診を受けて、歯周病からお口の健康を守りましょう。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報