歯周病のサイン、お気付きですか?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯周病のサイン、お気付きですか?

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

歯磨きのときに、歯ぐきから出血する、歯ぐきがブヨブヨして腫れている・・・こんな症状はありませんか?
歯ぐきの腫れや出血は、歯周病のサインです。あなたの歯ぐきは健康ですか?

歯ぐきの腫れや出血が起きる原因について

健康な歯ぐきは、ピンク色でしっかりと引き締まっており、ブラッシングで出血することはあまりありません。
ところが毎日しっかり歯磨きをしているのにも関わらず、歯ぐきから血が出るということは、歯ぐきに炎症が起きている証拠です。

歯ぐきの腫れや出血は、歯肉炎または歯周炎が起きている状態です。
歯肉炎は炎症が歯ぐきのみに起きている状態です。
歯周炎は歯を支える歯槽骨にまで炎症は広がって、歯周ポケット数値が深くなっているケースが多いです。

ではなぜ歯磨きをしているのに歯ぐきに炎症が起こるのでしょうか。
それは、歯と歯ぐきの境目に残る「磨き残し」が原因です。
歯垢がきれいに落とせていないと、細菌が棲みついてプラークを作り出します。そこから毒素が放出され、歯ぐきに炎症を起こすことによって出血や歯ぐきに炎症を引き起こします。

歯肉炎は適切なブラッシングで改善されやすいですが、そのまま歯周炎に進行すると、少しずつ炎症が歯槽骨に広がりはじめ、歯がグラグラと動き始めます。

 

適切なブラッシングと定期健診で、健康な歯ぐきを維持しましょう

歯肉炎は多くの人が経験したことがあると思います。
高学年のお子様や中学生など、仕上げ磨きの手を離れたお子さんなどは比較的みられます。
この年齢では歯周炎に進行することはめったにありませんが、成人するにつれ、知らぬ間に歯周炎に進行
してしまう可能性があります。
しかも痛みを感じることなく症状が進行するため、若いころは虫歯なんてなかったのに、気が付けば歯が無くなってしまった、ということになりかねません。

虫歯ばかり気を取られがちですが、歯周病はむし歯と違い痛みがなく進行するのが特徴です。
先日もお知らせしました通り、それぞれのお口に合わせたブラッシングを行うことがたいへん重要です。

毎日のブラッシングを丁寧に行い、歯科医院でも定期的に歯石除去などのクリーニングや検診を受け、お口の中を清潔で健康な状態に保つことが大切です。

長らく歯科医院で検診を受けていらっしゃらない方はぜひ検診をお受け下さい。

 

 

当院の歯周病治療についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報