歯ブラシはこまめに交換しましょう|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯ブラシはこまめに交換しましょう

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

虫歯や歯周病から歯を守るためには、毎日の歯磨きが欠かせません。
きちんと汚れを落とすことで予防となりますが、その基本は「歯ブラシ」です。
歯ブラシは毎日使っているうちに、だんだんと毛先が開いたり汚れがついてきますが、歯ブラシの交換はどの様になさっていますか?

開いた毛先や消耗した歯ブラシでは汚れをきちんと落とせません

新しい歯ブラシは、毛先までまっすぐで広がっていることはありません。

しかし使っていくうちに、または間違ったブラッシングによって歯ブラシの毛先がだんだん開いてきます。

毛先が開いた歯ブラシでブラッシングを行っても、食べかすや汚れは落としきれません。
特に歯と歯ぐきの境目にべったりと付着したプラークは、歯ぐきに炎症を引き起こして歯肉炎や歯周炎を引き起こしやすくなります。

 

歯ブラシにはたくさんの細菌が付着しています

また、毛先が開いておらず、見た目がきれいな状態の歯ブラシでも、使っているうちに歯ブラシの毛の中に細菌が溜まってしまいます。
この状態で歯磨きを行うと、お口の中に再び細菌を取り込むことになるので要注意です。歯磨きが終わったあとはきれいに洗い流し、しっかりと乾燥させておきましょう。特に湿気の多い浴室などにそのまま放置しておくと細菌が急増してしまうため、しっかり乾燥させておくことが大切です。

毛先が少しでも広がってきたら、すぐに新しい歯ブラシに取り替えましょう。また毛先に問題がなくても、細菌繁殖が心配なため、できれば1ヶ月に1度は歯ブラシを新しくするようにするとよいでしょう。

特に子どもの歯ブラシは噛んでしまったりすることで大人よりも毛先が広がりやすいため、毛先が広がる間隔が短くなりがちです。お子さんが気に入っている歯ブラシでも、できるだけ早めに新しく交換することを心がけましょう。

また、仕上げ磨き用の歯ブラシとお子様がお使いになる歯ブラシを分ける事もお勧めします。

 

歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシも取り替えましょう

まだ使えるのに勿体無い、と思われるかもしれませんが、歯ブラシをはじめとしたデンタルケア用品は消耗品です。使っていくうちに消耗してしまうのは仕方ありません。効率的に汚れを落とすためにも、歯ブラシやデンタルケア用品はできるだけこまめに取り替えて、お口の中を清潔に保つようにしましょう。

日々のケアに加えて、定期検診をお受けになる事をお勧め致します。

 

当院の予防治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報