歯周病を悪化させる喫煙習慣|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯周病を悪化させる喫煙習慣

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。
今回は喫煙と歯周病の関係をお知らせします。

喫煙は、肺がんをはじめとする体の健康に多大なる悪影響を及ぼすことはよく知られています。そして煙草の悪害は体の健康だけでなく、お口の中の健康にも影響を与えてしまうのをご存じでしょうか。喫煙習慣が与えるお口の中の最大の悪影響は、歯周病です。

歯周病発症リスクを高める喫煙習慣

歯周病は虫歯と並んで歯を失うニ大原因のひとつで、今では生活習慣病と位置付けられている口腔内の病気です。歯周病は、歯周病菌によって歯ぐきや歯槽骨などの歯周組織に炎症が起こります。

ここで注目したいのが、喫煙者と非喫煙者では、歯周病になるリスクが大きく異なることです。統計データによると、歯周病発症率は一日10本以上タバコを吸う人の場合、非喫煙者の5.4倍と言われており、非喫煙者と比べると、非常に高い確率で歯周病になりやすいことがわかっています。

なぜ喫煙習慣が歯周病を悪化させるのでしょうか

喫煙習慣は歯周病発症リスクが高いだけでなく、煙草の成分が歯周病を悪化させてしまいます。その原因として、まず煙草を吸っていると、歯周病の特徴である歯ぐきの腫れや出血傾向があまり見られないことです。歯周病になうと、まず歯ぐきの腫れや出血が起こります。しかし喫煙習慣のある方の場合、歯ぐきの腫れや出血があまりないため歯周病の発見が遅れ、気が付けば歯周病がかなり進行してしまっていることがほとんどです。また歯周病治療をしても、思うような効果が表れにくいことも特徴として挙げられます。その原因は、煙草の煙に含まれる「一酸化炭素」および「ニコチン」です。

煙草の煙に含まれる一酸化炭素は、歯周組織への酸素の供給を妨げてしまいます。そしてニコチンは血管の収縮を引き起こして血流を悪くするため、歯ぐきへの酸素や栄養分を届けにくくなります。またビタミンCは粘膜などの組織を修復する作用がありますが、煙草によってビタミンCが減少し、歯周病によって傷ついた歯肉の修復がうまくいかなくなります。

 

お口の健康のためにも、禁煙の努力を

喫煙習慣は、体の健康だけでなく、歯周病の発症を促し、治癒能力も低下させてしまいます。歯周病は糖尿病など全身疾患にも深く関わると言われています。
煙草は百害あって一利なしです。健康な毎日を送るためにも、是非禁煙に取り組んでみませんか?

 

当院の歯周病治療についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報