歯周病が進行しているサインとは?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

歯周病が進行しているサインとは?

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

歯を失う二大原因のひとつ、歯周病は痛みをあまり感じないまま症状が進行していきます。
そのため歯周病と診断されたときには既にかなり症状が進行しているケースがよく見受けられます。
早期に歯周病を発見し、適切な治療を行う必要があります。
では歯周病が進行しているサインとは、どのような症状でしょうか。

 

歯ぐきの腫れと出血が歯周病の代表的なサイン

虫歯の場合、進行すると歯がしみる、痛むといったわかりやすい症状が出ます。そのため虫歯と思われる自覚症状が出た場合、速やかに歯科医院を受診する方が多いでしょうか。

しかし歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。

歯周病は、歯ではなく歯を支えている歯周組織に起こる炎症です。そのため歯自体が痛くなるわけではありません。
これが虫歯との大きな違いであり、歯周病が進行しているサインを見落とす原因なのです。そのため歯周病が進んでいても痛みがないため、お気付きになれず歯科医院を受診しない方も多くいらっしゃいます。

 

 

歯周病のサインは歯ぐきの炎症です。歯ぐきに腫れや出血が起こったら、単なる歯肉炎と思わず、なるべく早く歯科医院を受診することが大切です。

大切な歯でいつまでもお食事を楽しんでいただくためにも、歯ぐきの腫れや出血といった症状がある場合は、痛みがなくとも早く歯科医院を受診するようにしてください。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報