デンタルフロスか歯間ブラシ、どちらを使うといい?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

デンタルフロスか歯間ブラシ、どちらを使うといい?

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。
寒さが増して来ましたので体調にはご注意下さい。

虫歯や歯周病などから歯とお口の健康を守るためには、毎日の歯磨きが欠かせません。
しかし、歯ブラシだけを使ったお手入れは、実は汚れがしっかりと取り切れていないのです。
お口の健康を守るためにも最近ではデンタルフロスや歯間ブラシを使ったほうがいいと認識されつつあります。

ではフロスと歯間ブラシ、どう使い分けするかと思われますよね。

 

お口の健康を守るために是非行っていただきたい、歯間ケア

歯ブラシは、歯の表面や溝についた汚れや食べかすなどをきれいに取り除く役目を持っています。
しかし、歯ブラシの毛先は歯と歯の間に残る食べかすをきちんと取り切ることは難しく、極細の毛先のものを使っても、なかなか歯の間には届きにくいのです。

そこでお勧めしますのが、「歯間ケア」です。
歯と歯の間に残る汚れを取り除くことで、歯ブラシだけでは落としにくい汚れをきちんと取り除くことが可能となります。
この歯間ケアを行う際に使われる歯間ケアグッズが、デンタルフロスと歯間ブラシです。

デンタルフロスと歯間ブラシについて

では歯間ケアを行うとき、いたいどちらを使えばよいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。
全ての歯に使えるのはデンタルフロスです。

いっぽう歯間ブラシは、歯とはの隙間が広い部位に使うと効果的です。
メーカーにもよりますが、一般的にサイズもSSSからLまで幅広く揃っています。歯の隙間に応じてサイズを選ぶ必要はありますが、歯の隙間に残る食べかすなどをしっかりと取り除くことができるため、フロスと使い分けると良いでしょう。
なお小さいお子さんや歯間が狭い方はフロスを使うようにして下さい。

歯間ケアは、毎食後の歯磨きごとに行うのが理想ですが、時間的に難しい場合、就寝前の歯磨き時に行うと良いと思います。

歯間ケアとともに、定期検診の受診もお忘れなく

歯とお口の健康を守るためには、毎日のケアとともに、定期検診が欠かせません。
歯が悪くなる前に予防をすることで、健康な歯を維持することができるため、毎日の歯間ケアに加え、定期検診も忘れずに受診しましょう。

 

当院の予防治療についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報