歯ブラシの変化 パート3 スタッフバージョン|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

その他 / 院長コラム

歯ブラシの変化 パート3 スタッフバージョン

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

かねてより歯ブラシ使用による変化をご紹介していますが

今回スタッフバージョンでご案内です。

歯ブラシは当院でも根強いファンの多い「ピセラ」を使用しました。

若年者の方や女性から人気があり、いつも固定の方からのご用命があります^ ^
メーカーさんも「歯列に沿ったアングルでお勧めです」と熱の入った

アドバイスを頂戴しました。

さて、肝心の歯ブラシ変化ですが…

左が1か月使用後となります。

こちらのスタッフは「ブラッシング圧が強い」自覚があり

気をつけているそうです。

またブラッシング圧については改めてご案内したいと思いますが
よく見ると使用後には透明感のあったナイロン毛が白く

変化しているのが見てとれます。(やや光の加減はあります)

そちらの変化について、これといった要因は分かりかねますが

・歯磨き粉の中の成分である研磨剤でナイロン毛の表面が変化した

・ナイロン毛には吸水性がある為にその変化

あくまで推測ではありますが、この様に考えています。

細かく見ると毛先が少し広がり全体的に考えて歯ブラシの劣化は

1か月でも十分にあると捉えています。

毛先が広がった時はもちろん、コシが無いように感じた時には

ぜひ交換をお勧め致します。

こちらが今年最後の投稿です。

1年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報