予防に勝るものはありません!|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

予防に勝るものはありません!

みなさんは、歯が痛くなってから歯医者さんへ行きますか?どんなに優れた技術や素晴らしい素材を使った治療でも、自分の歯に勝るものはありません。歯の健康を維持し、生涯ご自身の歯で食事を楽しむためには、予防治療が最も効果が高いのです。では歯が痛くなる前に予防をすることがどれほど大切なのでしょうか。

 

歯は少しでも削ると寿命が短くなる

歯を失う原因は、虫歯と歯周病と言われています。特に虫歯は滲みる、痛いなどの自覚症状が出てきたころにはけっこう進行した状態であり、歯を削る治療が必要となります。小さな虫歯の場合、虫歯部分を削って白いレジンを詰めて治療します。削る部分が少なく見た目も自然なため、患者さんは完治したと思うかもしれません。

しかし、どんなに削る部分が少なくてもこの治療が、歯の寿命に関わってくるのです。これは二次カリエスと呼ばれる影響であり、最終的に歯を失ってしまうかもしれないのです。

二次カリエスとは、虫歯治療を行った歯が再び虫歯になることです。二次カリエスは再治療を繰り返し、最初はレジンだけだった治療が根の治療となり、神経を取り除く治療になってしまいます。神経を取り除いた歯は水分や栄養素が行き渡り難くなるため、どうしても脆くなってしまうのです。

その結果、二次カリエスはもちろん、歯や根っこが割れれしまうなどのトラブルが起こりやすくなり、最終的に歯を失ってしまうのです。

 

注意すべきは歯周病

虫歯だけが歯を失ってしまう原因ではありません。最近では歯周病による歯の喪失が急増しています。歯周病は、歯周病菌により歯ぐきや歯を支える組織に起こる炎症です。歯周病は、最初は歯肉炎のように歯ぐきの腫れと出血から始まります。やがて進行するにつれ、炎症が歯を支える歯槽骨に広がり、歯を支えることが困難になってきます。最後には、痛みをあまり感じないまま歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病は、一本の歯にトラブルが起こる虫歯と異なり、お口の中全体が歯周病特有の症状が起こります。また歯周病は全身の健康と深く関わっていると言われており、歯周病になることで、糖尿病の悪化や脳梗塞などを引き起こすと言われています。

 

予防に「いつから」「年齢」はありません!

虫歯や歯周病で歯を失わないようにするためには、歯科医院で定期的な予防治療を受けることが最も効果的です。これは、どんなに審美性や機能性に優れたセラミックなどを入れても、天然の歯には適いません。

予防治療には年齢は関係ありません。歯が生え始めた赤ちゃんから、高齢の方まで、全ての年齢が対象となります。また「どうせ今さら予防して意味がない」と思う方もいるかもしれませんが、今ある歯を大切にすることがどれほど大切であるかを、いま一度考えてみてください。歯を全て失って総入れ歯になってしまうと、食事の美味しさが伝わりにくくなってしまいます。食べることは楽しみであり、体の健康を守る源なのです。

小さなお子さんからお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん全てにとって、歯の健康はかけがえのないものなのです。一家で揃って、歯の健康を守るために予防治療を受けてみませんか?

 

当院の予防治療についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報