一日で憧れの白い歯に!セレックの魅力とは|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

一日で憧れの白い歯に!セレックの魅力とは

被せ物や詰め物が必要な治療の場合、型取りを行ってから技工物ができあがるまでおよそ1週間から2週間程度の期間を要します。これに対し「セレック」と呼ばれる治療では、その日のうちに技巧物が出来上がり、機能を修復することができます。今回は、セレックについて詳しくお話を進めてまいります。

 

セレックの特徴と、従来の被せ物との違いについて

「セレック」という言葉自体、あまり馴染みがないかもしれません。セレックとは、コンピュータ制御によって歯の技工物を設計および作製するシステムです。被せ物の材料となるセラミックのブロックを専用の機械で削りだし、短時間で歯の修復物を作成することができます。まずはその特徴をわかりやすく挙げてみます。

 

・最短一日で詰め物や被せ物が歯に装着できる

・白く美しく、審美性に優れている

・従来の型取りと異なり、光学スキャナを使用するため患者さんへの負担が少ない

・費用を抑えることができる

 

従来の被せ物や詰め物は、削った歯に合うように歯型を採取し、石膏を流して固めた模型をいったん技工所へ送ります。送られた石膏模型を元に、歯科技工士が修復物を手作業で作製し、できあがった詰め物や被せ物を歯科医院へ送り、患者さんのお口の中に装着されます。

この技工物が出来上がるまで、通常1週間から2週間ほどの時間を要し、大型連休前後になると技工所が休みになるため、さらに時間がかかります。

また歯科技工士が手作業で作製するため、出来上がりにばらつきや、差がついてしまうのも事実です。

セレックは、光学スキャナによって歯型を採取し、取り込んだデータを元にしてコンピュータ制御によりセラミックブロックを削りだします。そのため精度が非常に高く、審美性に優れた修復物を作製することが可能となるのです。

 

美しい口元に仕上げることで、歯の健康に対するモチベーションを上げることができる

保険診療による技工物は、安価で治療できることがメリットです。しかし審美性に問題があり、奥歯は銀歯、前歯は見える部分は白いレジンですが、プラスチックのため傷がつきやすく、傷ついた部分から汚れが付着してだんだん黄ばんできます。

小臼歯は、保険適用で白いCAD/CAM冠というハイブリッドセラミックの被せ物が選べるようになりましたが、自費のセラミックと比べると、プラークが付きやすいという弱点があります。

セレックによるセラミック治療は、短期間で美しい口元を取り戻すとともに、歯を大切にする意識が芽生える効果も期待できます。美しい歯とともに、是非口元の健康を意識した生活を送ってください。

 

当院のセレック治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報