ジルコニアって何?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯医者|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

ジルコニアって何?

詰め物や被せ物には色々な種類があり、それぞれ保険適用のものと、自費のものがあります。自費のものは主にセラミックを使った素材で、保険の素材にはない審美性や機能を持ち合わせた補綴物といえます。その中で、今回は「ジルコニア」についてお話をしたいと思います。

 

最も強度が高いジルコニア

歯科治療で使われるジルコニアは、セラミック素材のひとつです。数あるセラミック素材の中でもジルコニアは、人工ダイアモンドと言われているほど強度が高いことが特徴です。この強度は金銀パラジウム合金以上と言われており、噛む分には申し分のない素材です。

ジルコニアを使った補綴物には主に2種類あり、ジルコニアのフレームにセラミックを焼き付けた「ジルコニアセラミック」と全てがジルコニアで作られている「オールジルコニア」があります。同じジルコニアでもこの2つはどのように違うのでしょうか。

 

・ジルコニアセラミック

ジルコニア単体は白いですが、人工的で単調な色調です。そのため白くても審美性はそれほど高くありません。このジルコニアのフレームにセラミックを焼付け、細かく色調を整えたものが「ジルコニアセラミック」です。セラミックは審美性にとても優れていますが、強度に若干不安があります。そのため稀に割れてしまうことがありますが、強度に優れているジルコニアのフレームを使うことで、強度が非常に増します。セラミックは周りの歯に合わせて色調を整えることができるため、ジルコニアセラミックを選択すると、自然で非常に美しい仕上がりとなります。このジルコニアセラミックは主に前歯と奥歯のインレー(詰め物)で使われますが、値段はセラミック系の補綴物の中で最も高額です。

 

・オールジルコニア

奥歯は噛む力を必要とするため、強度が求められます。オールジルコニアの場合、この強度を活かして歯科治療では主に奥歯で用いられます。奥歯はそれほど審美性を求められません。しかし保険の銀歯では、お口を開けたときに金属が目立ってしまいます。また金属アレルギーの心配もありますが、奥歯をオールジルコニアにすることで、この2つの問題点は解決することができます。オールジルコニアはとにかく強度が強く、金属以上とも言われています。オールジルコニアはやや人工的で不自然な白さですが、奥歯に使うとそれほど不自然さは感じません。費用もセラミックを焼き付けていない分、安くなります。もちろん金属を一切使用していないため、金属アレルギーやメタルタトゥーの心配はありません。

 

部位に合わせて選択するとよいでしょう

ジルコニアについてお話をしました。白く強度に優れているジルコニアは、部位に合わせて選択するとよいでしょう。目立つ前歯はジルコニアセラミッククラウン、あまり目立たない奥歯はオールジルコニアにすることで、白い歯を手に入れることができます。自費の補綴物を考える際、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

当院の審美治療についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報