磨きやすいようで意外と磨けていない前歯は、歯肉炎にご用心!|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

磨きやすいようで意外と磨けていない前歯は、歯肉炎にご用心!

こんにちわ、西宮市門戸厄神にあります広川歯科医院です。

お口の中をご覧になる機会はおありでしょうか?
鏡で口元を見たとき、前歯は最も見やすい位置であるとともに、奥歯と比べて歯磨きが行いやすい部位でもあります。
しかし、磨きやすいようで意外と磨けていないのが、実は前歯なのです。
きちんと磨けていないと汚れが残り、歯肉が腫れる歯肉炎になってしまいます。
皆さまの歯ぐきは大丈夫でしょうか?

 

見えている部分だけを磨きがち

前歯を磨くとき、「イー」という口の形をして磨きますよね。そこへ歯ブラシを当てて歯磨きを行いますが、見えている部分は磨きやすく、汚れもそれほど残りません。
ただし歯ぐきと歯の境目は意外と難しいものです。

 

奥歯はどちらかといえば「磨きにくい」ですが、前歯は「磨けていない」ことが多い傾向にあります。

前歯の歯並びが悪い方も、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に汚れが残ってしまいます。
どうしても磨きにくい形状のため、磨き残しとなってしまいます。

 

 

前歯の歯並びが悪い方は、ワンタフトブラシを使うことがおすすめ

普通の歯ブラシだけでなく、ワンタフトブラシという歯ブラシを使うこともおすすめです。
ワンタフトブラシとは、小さな毛束が歯ブラシの先端についており、部分的に磨くための歯ブラシです。

こちらが当院で販売しているタフトブラシです。
これで全て磨くのは大変ですので、お時間が許す時にポイントで歯ブラシの届きにくい部分への
使用をお勧めします。
お越しの際にはいつでもお尋ね下さい。

 

 

当院の歯周病治療についてはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報