入れ歯でも定期検診は必要?|西宮市・西宮北口駅近く|丁寧で親身な治療が受けられる歯科医院|広川歯科医院

  • 診療時間

    9:00~13:30(最終受付13:00) 14:30~19:00(最終受付18:30)
    水曜 9:00~11:00 17:30~19:00

  • 休診日

    日曜・祝日

ブログ

カテゴリー:

院長コラム

入れ歯でも定期検診は必要?

こんにちは、西宮市門戸厄神の広川歯科医院です。

入れ歯を使っていると、あまり定期検診と言う概念は薄いかもしれません。
特に初めて入れ歯を作製した方は、入れ歯を使い始めたらそれで終わり、という方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、入れ歯をお使いであっても、定期検診はとても重要なのです。
今回は、入れ歯と定期検診についてお話をいたします。

 

定期検診は入れ歯の方には関係ない・・・?

定期検診では、歯のクリーニングや歯科医師の口腔内の診察を行い、虫歯や歯周病の兆候がないかなどを確認します。
定期検診を受けていただくことで、口腔内のトラブルの早期発見および早期治療、そしてお口の中の健康を維持することを目的としているため、定期検診はとても重要な意味を持っています。
ご自身の歯を長持ちさせ、いつまでも自分の歯で食事ができることほど素晴らしいことはありません。
最近では定期検診の重要性が認識され、進んで定期検診を受ける方が増えてきています。

 

 

入れ歯はいずれ合わなくなるもの。だから小まめな調整が必要

入れ歯は、作製当初はぴったりと合っていても、使用されていると少しずつ合わなくなってきます。
それは部分入れ歯でも総入れ歯でも、歯のない部分の骨が吸収されていくとそれに伴い骨が痩せてしまいます。
そのため入れ歯と歯肉の間に隙間が生じ、ガタつきや食べ物が挟まってしまうのです。

また入れ歯は毎日毎食のたび使うものであり、常に咬む力がかかります。
そのため人工の歯の部分が欠けてしまったり、入れ歯そのものが破損してしまうこともたびたび起こります。

入れ歯の方の定期検診では、残っているご自身の歯のクリーニングや歯石除去を行い、問題がないかどうかを診察します。
そして入れ歯が快適に使えているかどうか、噛み合わせや歯ぐきの痛み、バネの緩みの有無、欠けや破損がないかどうかをチェックします。
噛み合わせの調整は入れ歯を使う上には欠かせません。
ほんの少しの調整で痛みの改善やしっかり噛めるように仕上がります。また突然の破損を防ぐことも可能なため、入れ歯をお使いの方の定期検診は大変重要な意味を持っているのです。

 

入れ歯に不調を感じたら、早めの受診を

入れ歯は毎日使う、体の一部と言えます。
入れ歯があることでしっかりと噛むことができるため、体の健康や脳の活性化を促してくれます。
定期検診で残存歯のクリーニングとともに、問題なく入れ歯を使うことができているか、しっかりと診てもらうことがとても大切です。

しかし入れ歯は義歯であり、時に新しく作り変える時期がやってくるものです。
入れ歯には色々な種類があるため、その時のご自身にぴったりと合う入れ歯の選択肢も広がることでしょう。

入れ歯をお使いの方こそ定期検診をしっかりと受け、快活な毎日を送るようにして下さい。

 

当院の精密入れ歯についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人広川歯科医院

TEL:0798-52-9580

Mail:info@hirokawa-dc.com

採用情報